株式会社キャンドゥ アルバイト求人情報

キャンドゥの仕事 | 働く人の声

お客様からの「ありがとう」と、売り上げアップがやる気のもと。
キャンドゥは、卒業後の就職先候補です。

PROFILE

O.Kさん 21歳

2013年入社 中延店勤務 アルバイト

お客様ともスタッフ同士も仲がよい、アットホームな店舗

大学に入ったのと同時にキャンドゥ中延店でアルバイトを始め、もうすぐ丸3年になります。キャンドゥ中延店は商店街の入口にあるワンフロアの路面店で、アルバイト、パートのスタッフはフリーターや主婦の方など、でシフトを組んで働いています。 キャンドゥ中延店にいらっしゃるお客様はご近所にお住まいの方が中心で、年配の方が多いですね。ボールペンや乾電池といった定番商品をお求めになる方が多く、リピーターも多い店舗です。いつも定番商品をご購入くださるお客様のために、在庫を切らさないように気をつけています。 気さくなお客様が多く、皆さん、気軽に声をかけてくださるので、すぐに仲よくなれました。3年近くたった今では、品出しをしていると、「雨降ってきたね」などと気さくに声をかけてくださる顔見知りのお客様もずいぶんふえました。その数は30名を超えていると思います。 アルバイト、パートのスタッフ同士も仲が良いです。誰かに指導されたわけでもないのに、一人が「いらっしゃいませ」と言うと、みんなが「いらっしゃいませ!」と元気に復唱する。新商品が出ると誰かが試して、情報交換をする。そんな雰囲気があります。新商品として出たお菓子の感想を他のスタッフと共有したりすることで、お客様に商品説明をする際に役立ちます。また、メディアなどで取り上げていただいたこともありヒット商品となった水回り専用クリーナー「ダイヤモンドパフ」が発売された時には、主婦パートの方がいち早く購入して「これはいいわよ!」と教えてくれました。僕も買って家の洗面台や鏡をひたすら磨いています。確かにすごくキレイになります(笑)。お客様にも「よく落ちますよ!」と自信を持ってご案内をしています。 キャンドゥ中延店は、アルバイト、パートのスタッフ同士もお客様とも仲の良い、アットホームな職場です。

自分が作ったPOPが、「これ商品?」と聞かれた!

キャンドゥでのアルバイトは毎週日曜日と、週に1~2回、学校が終わった後の夕方の時間帯に働いています。品出しやレジ打ち、商品のご案内、お客様からの注文品への対応、店舗の掃除、レジ締めなど必要な業務はなんでもこなしますが、品出しや棚作りを任せられることが多いですね。自分でも品出しが得意だと思っていますし、同僚のアルバイト、パートの方たちからも「品出しは早いし、陳列もきれいだね」と言われています。 陳列でまず気をつけているのは、見やすさ。パッと見て何があるかすぐに分かる陳列を心がけています。そして、見た目の綺麗さにもこだわっています。これは店長に教えていただいたのですが、棚に陳列するものは無彩色から暖色系~寒色系、フックにかけるものは赤、黄、緑と交互にするなど、気を使っています。ハロウィングッズやクリスマス、バレンタインなど季節ものの棚をつくるときには、本部から「この商品は絶対に置いてほしい」などの指示が来るので、それを並べてから関連商品を配置していきます。試行錯誤をしながら棚をつくっていくのは楽しいですし、自分がつくった棚の商品が売れると嬉しいです。 手の空いた時間には、POPもつくります。クリスマスには段ボールの廃材を使って等身大のサンタをつくり、お子さんたちに喜んでもらえました。小型のPOPはお客様から「これ、商品?」と聞かれたこともあります。そんな時は、ちょっと得意な気分ですね(笑)。 接客では、お困りのご様子のお客様がいたら、積極的に声をかけるように心掛けています。「乾電池、乾電池はどこかしら?」などと独り言を言いながら商品を探しているお客様には、「こちらにありますよ」とお声がけをしたり、手にたくさんの商品を持っていらっしゃるお客様には、「かごがありますので、ご利用ください」とお渡ししたり。そんなちょっとした心遣いに対して、「ご親切にありがとう」などのお言葉がいただけると、仕事にやりがいを感じます。

売上が伸びると嬉しい。バイヤーの仕事にも興味

キャンドゥ中延店は年中無休です。しかし主婦パートの方などはなかなか大晦日には働けないので、その時は、「こんな時こそ学生バイトである自分の出番!」と張り切って働きました。12月は普段の倍ぐらいお客様がいらっしゃる繁忙期なのですが、その繁忙期を乗り越えて12月31日まで仕事をして、仕事が終わってから、みんなで「お疲れさまでした!」と言って仕事を終えた時には、すごく達成感がありましたね。 レジを締める時に前年度と比べて売り上げが上がっているのを知った時も、達成感を得られます。頑張った甲斐があったなと、嬉しい気持ちでいっぱいになります。 私は大学では生物学を専攻しています。現在、就職活動中なのですが、就職先は特に「生物学の知識が生かせるところ」といったこだわりはなく、逆に全然違ったジャンルにも興味があります。数字を見て、売り上げが伸びていると嬉しいタイプなので、営業もいいかな、なんて考えたり。 ですので、キャンドゥの採用試験を受けることも考えています。大変な仕事だとは思いますが、バイヤーの仕事をしてみたいですね。自分で有望な商品を見つけ、価格を調整し、店舗に出す。そしてその商品が売れたら嬉しいし、やりがいのある仕事だと思うからです。 こんなふうに考えられるのも、キャンドゥでアルバイトをした3年間が楽しかったから。いつも親切に気持ちよく接してくれる、同僚のアルバイト、パートのスタッフの皆さんに感謝!です。

一日の仕事の流れ

  • 11:20出勤
  • 11:30店内の状況を見ながらモップがけも。
  • 11:45品出し。お客様への対応も随時行う。
  • 13:30レジで接客対応。
  • 14:30休憩。休憩室で、ランチをとりながら、同僚とのおしゃべりが楽しい。
  • 15:30店内フロアに戻って、品出ししながら接客。売れ行きの状況も見て、発注担当にも報告。
  • 17:30店内の状況を見ながら、POP作り。
  • 20:00閉店。レジ締などの閉店準備を行い、退勤。

応募する

そのほかの先輩インタビュー